シンプルに生きたいプログラマー日記

シンプルに生きたいプログラマのブログ

「小学生から始める考える力が身につく本 -ロジカルシンキング-」感想とまとめ

読んだ経緯

今までロジカルシンキングの本を読みましたが、なかなか身につけてた!というレベルには至らず。。。
藁にもすがる思いで、本書を手に取りました。

さすがに小学生むけなら。。。

小学生からはじめる 考える力が身につく本-ロジカルシンキング-

ロジカルシンキングとは?

筋道を立てて考えること * 頭を良くするには?
 たくさん知る + 知ったことについて考える

  • 考え方の基本
     頭の中を整理する = 考え方の基本
     筋道を立てて考える = 順番に考える、色々な角度から考える、ルールを見つける、分解する、組み合わせる、連想する

  • ロジカルシンキングの効果
     考える力 + 自分の考えを人に伝える力も身につく

頭を柔らかくしよう

主にパズルなどの計算。結構、大人でも難しく考えされる問題だった。

色々な角度から考えよう

  • 思い込みを減らすには? = 色々な角度から考える力が必要

  • 色々な角度から考えるには? = もれなく、ダブりなくを意識する

  • 漏れなく、ダブりの無い分類を知る

    春、夏、秋、冬。男女。年齢。衣、食、住。

  • できるだけ自分で確認するようにする

理由をロジカルに考えよう

  • 「もし〜だったら」と考える
    ・話が繋がらない場合は、「もし〜だったら」がおかしい

  • 結論と理由を説明する

    「・・・は・・・です(結論)。なぜなら・・・だからです(理由)」
    「・・・は・・・です(理由)。したがって、・・・は・・・です(結論)」

  • 納得できる理由と結論を考え方法

3段階で考える方法(演繹法
  1. 「・・・は・・・です」
  2. 「一方、・・・は・・・です」
  3. 「したがって、・・・は・・・・です」

    ステップ1と2でいう理由が正しいと思えるかによって、
    結論が信用できるかが決まる 。
    理由が正しく思えない理由として、
    ・事実が曖昧
    ・信用できない
    ・基準がはっきりしない
    ・自分だけの考えが入っている
    ・気持ちが入っている

事実の積み重ねで考える方法(帰納法
  1. 「・・・は・・・です」 の事実を複数
  2. 「したがって、・・・は・・・です」

    たくさんの事実が数が少なかったり、信用できない情報だと結論に納得できない

ロジックツリーで広く深く考えよう

  • ロジックツリーとは?
    何かについて
    分類して整理する時、
    なせなのか、原因を考える時、
    どうするか、対策を考える時に使われる方法 f:id:nananiku-s-60:20171001233707p:plain
  • ロジックツリー作成のルール
    1. 線が交わらないこと
    2. 1つの項目に複数の線が入らないこと
    3. もれなくダブりがないこと
    4. どちらにも入るものや、どこにも入るものがないか確認すること

  • ロジックツリーを使って何かの原因を考える
    ・「なぜ?」を少なくとも3回は繰り返すこと
    ・時間の流れや手順に沿って考えるのももれなくダブりの無い方法
    ・原因を考える時、1回目の「なぜ?」は以下の4つに考える方法がある


    1. もの(道具・材料など使うもの)
    2. やり方
    3. 身の回りのこと(場所など)

    ・2回目の「なぜ?」は1回目の原因を考える。以降も同じように考える

  • ロジックツリーで対策を考える
    ・原因で考えた内容の一番右の部分の対策を考えてみる
    (1回目の対策として使う)
    ・原因を考えた時と同じように「どうやって?」を繰り返す
    すぐ実行できるくらい具体的になるまで繰り返す
    ・最後に右から左に考えて、実現可能が確認する

「なるほど」と思ってもらおう

  • 具体的に説明する
    数字、金額、日時、場所、名前など正確に具体的に説明する

    たくさん、少しではなく「10個」「百円」など
    今度、また、ではなく「4/1」「来週」など
    「結構」「だいたい」「くらい」「多分」などの曖昧な表現は避ける

  • 信用できる情報を使う

  • 基準を説明する
    基準とは、何か「比べる」もの
    基準を説明すると、情報に対して「何が言えるのか」を納得してもらいやすくなる

    前に同じことをした時と比べる
    同じことをしている他の例と比べる
    世の中のたくさんの例と比べる
    全体でどのくらいの割合か比べる

  • 写真、動画など実物を見せる

  • 相手の気持ちを考えながら、相手の話をよく聞く

まとめ

「小学生から始める」のタイトル通り、小学生向でもわかるように丁寧に書かれていました。

「簡単な内容だなー」とバカにしつつも呼んでみましたが、
後半に進むにつれてだんだんと「目から鱗」状態・・・ものすごくためになりました。

人に説明する場合、「小学生にもわかるように説明しろ!」とは
よく言ったもので、何冊も読んだロジカルシンキングの本の中で
ダントツでわかりやすかったです。

特に、後半のロジックツリーの使い方はすぐにでも仕事で使えそうでした。
仕事効率化するためのロジックツリー作って定時退社できるよう頑張ろう!!

PS..
あ、、小学生向けだろとバカにしつつ、、、本書に掲載されている論理パズル問題。
全て解けませんでしたw

参考書籍

小学生からはじめる 考える力が身につく本-ロジカルシンキング-