シンプルに生きたいプログラマー日記

シンプルに生きたいプログラマのブログ

Xcode 9 でのGit登録方法

経緯

2017/10/02、XcodeをバージョンアップするとGitへの登録方法が変更されていたため 登録方法をまとめてみました

前提条件

Gitとは、
GitHubの登録方法、
など細かい説明は下記サイトに書かれてますので省略します
XcodeからgitとGitHubを使う方法・基本編

ここでは、変更があった「Xcodeでリモートリポジトリを登録」の部分に絞って解説します
(誤り等ありましたらご指摘いただけると嬉しいです)

XCodeGitHubのアカウントを登録する

まず、事前にアカウントの登録が必要になったようです。
XCode > Preferences
f:id:nananiku-s-60:20171003075658p:plain

「+」ボタンを押下
f:id:nananiku-s-60:20171003075709p:plain

GitHub」を選択
f:id:nananiku-s-60:20171003075719p:plain

GtiHubのアカウント名とパスワードを設定
f:id:nananiku-s-60:20171003075740p:plain

リモートリポジトリの登録

下記画像の赤枠部分を押下
プロジェクトの右
f:id:nananiku-s-60:20171003075752p:plain

右クリック > Add Existing Remote... を選択
f:id:nananiku-s-60:20171003075800p:plain

リモート先のURLを登録
f:id:nananiku-s-60:20171003075811p:plain

まとめ

バージョンアップしたら、Gitへの登録方法が変わってビビりましたw

アップルの公式サイトを見ながらしたので誤りはないかと思いますが、
もし、「それは、違うよ!」とご指摘ください

XcodeHelp

「小学生から始める考える力が身につく本 -ロジカルシンキング-」感想とまとめ

読んだ経緯

今までロジカルシンキングの本を読みましたが、なかなか身につけてた!というレベルには至らず。。。
藁にもすがる思いで、本書を手に取りました。

さすがに小学生むけなら。。。

小学生からはじめる 考える力が身につく本-ロジカルシンキング-

ロジカルシンキングとは?

筋道を立てて考えること * 頭を良くするには?
 たくさん知る + 知ったことについて考える

  • 考え方の基本
     頭の中を整理する = 考え方の基本
     筋道を立てて考える = 順番に考える、色々な角度から考える、ルールを見つける、分解する、組み合わせる、連想する

  • ロジカルシンキングの効果
     考える力 + 自分の考えを人に伝える力も身につく

頭を柔らかくしよう

主にパズルなどの計算。結構、大人でも難しく考えされる問題だった。

色々な角度から考えよう

  • 思い込みを減らすには? = 色々な角度から考える力が必要

  • 色々な角度から考えるには? = もれなく、ダブりなくを意識する

  • 漏れなく、ダブりの無い分類を知る

    春、夏、秋、冬。男女。年齢。衣、食、住。

  • できるだけ自分で確認するようにする

理由をロジカルに考えよう

  • 「もし〜だったら」と考える
    ・話が繋がらない場合は、「もし〜だったら」がおかしい

  • 結論と理由を説明する

    「・・・は・・・です(結論)。なぜなら・・・だからです(理由)」
    「・・・は・・・です(理由)。したがって、・・・は・・・です(結論)」

  • 納得できる理由と結論を考え方法

3段階で考える方法(演繹法
  1. 「・・・は・・・です」
  2. 「一方、・・・は・・・です」
  3. 「したがって、・・・は・・・・です」

    ステップ1と2でいう理由が正しいと思えるかによって、
    結論が信用できるかが決まる 。
    理由が正しく思えない理由として、
    ・事実が曖昧
    ・信用できない
    ・基準がはっきりしない
    ・自分だけの考えが入っている
    ・気持ちが入っている

事実の積み重ねで考える方法(帰納法
  1. 「・・・は・・・です」 の事実を複数
  2. 「したがって、・・・は・・・です」

    たくさんの事実が数が少なかったり、信用できない情報だと結論に納得できない

ロジックツリーで広く深く考えよう

  • ロジックツリーとは?
    何かについて
    分類して整理する時、
    なせなのか、原因を考える時、
    どうするか、対策を考える時に使われる方法 f:id:nananiku-s-60:20171001233707p:plain
  • ロジックツリー作成のルール
    1. 線が交わらないこと
    2. 1つの項目に複数の線が入らないこと
    3. もれなくダブりがないこと
    4. どちらにも入るものや、どこにも入るものがないか確認すること

  • ロジックツリーを使って何かの原因を考える
    ・「なぜ?」を少なくとも3回は繰り返すこと
    ・時間の流れや手順に沿って考えるのももれなくダブりの無い方法
    ・原因を考える時、1回目の「なぜ?」は以下の4つに考える方法がある


    1. もの(道具・材料など使うもの)
    2. やり方
    3. 身の回りのこと(場所など)

    ・2回目の「なぜ?」は1回目の原因を考える。以降も同じように考える

  • ロジックツリーで対策を考える
    ・原因で考えた内容の一番右の部分の対策を考えてみる
    (1回目の対策として使う)
    ・原因を考えた時と同じように「どうやって?」を繰り返す
    すぐ実行できるくらい具体的になるまで繰り返す
    ・最後に右から左に考えて、実現可能が確認する

「なるほど」と思ってもらおう

  • 具体的に説明する
    数字、金額、日時、場所、名前など正確に具体的に説明する

    たくさん、少しではなく「10個」「百円」など
    今度、また、ではなく「4/1」「来週」など
    「結構」「だいたい」「くらい」「多分」などの曖昧な表現は避ける

  • 信用できる情報を使う

  • 基準を説明する
    基準とは、何か「比べる」もの
    基準を説明すると、情報に対して「何が言えるのか」を納得してもらいやすくなる

    前に同じことをした時と比べる
    同じことをしている他の例と比べる
    世の中のたくさんの例と比べる
    全体でどのくらいの割合か比べる

  • 写真、動画など実物を見せる

  • 相手の気持ちを考えながら、相手の話をよく聞く

まとめ

「小学生から始める」のタイトル通り、小学生向でもわかるように丁寧に書かれていました。

「簡単な内容だなー」とバカにしつつも呼んでみましたが、
後半に進むにつれてだんだんと「目から鱗」状態・・・ものすごくためになりました。

人に説明する場合、「小学生にもわかるように説明しろ!」とは
よく言ったもので、何冊も読んだロジカルシンキングの本の中で
ダントツでわかりやすかったです。

特に、後半のロジックツリーの使い方はすぐにでも仕事で使えそうでした。
仕事効率化するためのロジックツリー作って定時退社できるよう頑張ろう!!

PS..
あ、、小学生向けだろとバカにしつつ、、、本書に掲載されている論理パズル問題。
全て解けませんでしたw

参考書籍

小学生からはじめる 考える力が身につく本-ロジカルシンキング-

「使う力 知識とスキルを結果につなげる」感想とまとめ

買った経緯

ロジカルシンキング、短眠法、英語、プログラミング。
様々な知識やスキルを身につけるために本を買って勉強しているのですが、知識は蓄えられても身についてるかと聞かれるとNoと答えます。

そんな私ですから、この本のタイトルに大変魅力を感じ購入しました!
どうすれば、今までの知識やスキルを結果に繋げるために活かせるようになるのだろう。
知識は蓄えるだけではなく、使えてこそ!

使えるようになれば、仕事も提示で帰れるし給料UPも夢じゃない・・・はず

半身浴しながら、読むんだー。

いきなり感想

正直、期待しすぎました

期待しすぎたというか、、、これタイトルと中身がものすごくアンマッチに感じるのは私だけでしょうか。。

「ビジネスリーダーになるには」とか「ビジネルリーダーとなるために普段から意識するべきこと」とかなら きっと良書に値する内容だとは思います

自分が求めている内容とは違うことに気がつき、途中からパラパラ読みしかしてませんが、

  • 文章が小難しい
  • 具体的な行動指針がない


悪い内容ではないと思います。
amazonの評価も意外と高かった。
きっと、私がタイトルからこの本に期待しすぎたんでしょうね。。。。
「ビジネスリーダー」になりたいと思った時に改めて読みます。
今は、いいや


使う力 知識とスキルを結果につなげる (日経ビジネス人文庫)

「マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術」読んだ感想・まとめ

この本を買った経緯

文章力UPのため購入!
最近、お客さんとチャットでのやり取りが多くなったため、
より分かりやすく簡潔に文章を書けるように・・・

主語と述語について考える

  • 自分の長所と短所を10個づつ挙げてみる
  • 文と文章の違いを意識する

    <文>

    ・文法学上の基本単位。1つのまとまった内容を表す
    ・対外、最後に「。」がつく
    ・活用形の終止形「だ」「ます」、終始助詞「かしら」がつく

    <文章>

    ・1つ以上の文が連なった言語作品

  • 主語と述語がしっかり噛み合うようにする
    そのために文を分解する
     <述語>

    ・文の成分の1つ
    ・主語に対して、その動作・作用・性質・状態を表す語
    ・一番小さな言葉のかたまりのこと

  • 「が」と「は」の違い
    ・「が」

    格助詞。
    主語に当たるものを示す。
    直後の述語に影響する
    未知情報の後には「が」がつく

    ・「は」

    係助詞。
    主語を示す場合とそうでない場合がある。
    遠くの述語にも影響する。
    多くの事柄から、1つのものを取り出して提示する役割がある。
    必ずしも主語を表す訳ではない
    既知情報の後には「は」がつく ※「が」と「は」を間違えると主語が逆転することもあるので注意

  • 副詞は動詞などを修飾する品詞。決まった係り受けをするものはしっかり対応させる

    まさか〜だろう
    おそらく〜違いない

文と文章の構造を考える

*「こそあど」言葉で物理的、心理的な距離を表現できる
・うまく使うと、繰り返し出てくる言葉を避けることができる

ここ、そこ、あれ、どれ・・・(代名詞)
ここ、そこ、あそこ、どこ・・・(指示代名詞)
こんな、そんな、あんな、どんな・・・(形容動詞)
この、その、あの、どの・・・(連体詞)
こう、そう、あう、どう・・・(副詞)

  • 同じ言葉、似たような表現を繰り返さないように注意する

  • 言葉を整理する
    ・丁寧に書くこと = 何度も同じことを書くことは違う
    ・読む人にわかりやすく言葉を整理する
    ・時系列を意識する。本筋(一番言いたいこと)はどこかを意識する

  • 「だが」「ので」はあまり使わない
    ・文章を構成する要素を書き出して、内容を整理する
    ・「だが」「ので」「が」「けど」が出てきたら文を2つに分けてみる

  • 能動態と受動態を使いこなす
    ・能動態を受動態で書き手の視点が変わる
    ・能動態は客観的な書き方もできる

  • 現在形と過去形を意識する
    ・過去形を使うと、客観的な雰囲気になる
    ・過去形の中で、うまく現在形を使うと臨場感が出る

  • 句読点の位置を意識する
    ・「、」が読点(とうてん)
    ・「。」が句点(くてん)
    ・「、」は意味の塊でつける
    ・「、」の位置で意味が変わる

伝わる文章

  • 述語にかかる品詞は揃える
    ・2つの要素を1つの述語に掛ける時は、その要素をそれぞれ明確にする
    ・その上で、述語に掛ける品詞を揃える

  • 1つの文に1つの要素
    ・1つの文は1つの要素で書く
    ・要素が増えたら、文を分ける
    ・要素を分けると、曖昧な箇所がはっきりする
     曖昧ない箇所は、読者が分かるように説明する

  • 書き出しに前提はいらない
    ・結論から書く

  • 「状況」「行動」「変化」で文章を考える
    ・文の要素を分けて、これに照らし合わせてみる ・文章は人間の思考の組み立て
    ・人間は「状況」に応じた「行動」をとり、それによって「変化」する
    ・思考の組み立てがうまくいかない時は、これに照らして考えてみる

  • 箇条書きを文章を作る
    ・箇条書きのようにシンプルで書く
    ・自問しながら書く

Whyを意識する

  • 5W1Hで一番大切なのは「WHy」
    ・読む人が「なぜ」「どうして」と思うところをきちんと説明する
    ・読者の「なぜ」「どうして」の問いに答えないと説得力のない文になる
    ・「Why」を意識すれば、「状況」「行動」「変化」が書ける
    ・「Why」の要素を入れると長い文も書ける
     ただし、1つの文には1つの要素に留めること

  • 客観的に書く
    ・「状況」「行動」「変化」の要素は順番どおりでなくても良い
    ・主観的な考え方で捉えると、書き手と読み手のイメージにズレが生じる
    例) 綺麗な花・・・花がどう綺麗?バラをイメージする?紫陽花をイメージする? ・「写生文」を使う

    スケッチを描くようにあるがままを書くこと

    ・あるがままを書くと、書き手と読み手のイメージが共有できる

  • エントリーシートの書き方

  • 志望動機の書き方

まとめ

とても分かり易かったです。
例文が多く、ポイントと照らし合わせながら進めることでしっかり理解することが出来ました

特に影響を受けたポイントは、「1つの文に1つの要素」です。
今までは、相手に分かってもらえるよう様々な要素を文に詰め込み過ぎていました。
そのため、相手からは「何が言いたいのかわからない」と言われてました。

要素を分けることを意識することでだいぶ分かりやすい文章を書けるようになったと思います
最近は、「1つの文に1つの要素」だけでも意識して文を書くようにしています。
おかげで、相手から意味が分からないと言われることが少なくなったように感じます。

最後は、エントリーシート、志望動機の書き方など新社会人に向けた内容になっていました
私は、社会人ですがこれから社会人になる大学生の方にも是非おすすめしたい1冊です。

久しぶりの「当たり本」!!

参考書籍

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術

sublimeText でマークダウン

PackageControllのインストール

Control + Shift + `
以下のURLからスクリプトをコピペ
https://sublime.wbond.net/installation

パッケージのインストール

Tools > Command Pallete > Package Control: install Package
(command + shift + p) > Package Control: install Package

パッケージのアンインストール

Tools > Command Pallete > Package Control: Remove Package
(command + shift + p) > Package Control: install Package

マークダウン

Markdown Extended Markdownに挿入したコードのシンタックスハイライト
・Monokai Extended Markdownのシンタックスハイライト OmniMarkup Previewer Markdownのリアルタイムプレビュー Command + Option + O

使用してみる

マークダウンファイルを作成(.md)

Markdown記法

※ページをMarkdown記法で見たい場合→URLの最後に.mdをつける
・見出し

見だし

記法

# 見出し
## 見出し
### 見出し
見出し
=====
見出し
-----

結果

見出し

コードの挿入

先頭に言語名を記載
記法

``` javascript
var s = "javascript";
alert(s)
```

結果

var s = "javascript";
alert(s)

改行

記法

こんにちわ<br>
こんばんわ

結果
こんにちわ
こんばんわ

水平線

記法

---
***
___
- - -

結果


強調

記法

*強調*
_強調_
**強調**
__強調__

結果
強調

引用

記法

> 引用
>> 引用

結果

引用

引用

リスト

記法

* item1
* item2
* item3
+ item1
+ item2
+ item3
- item1
- item2
- item3

結果

  • item1
  • item2
  • item3

記法

1. item1
2. item2
3. item3

1. item1
1. item2
1. item3
1. item4

結果

  1. item1
  2. item2
  3. item3

リンク

記法

<http://google.com>
<test@example.com>

結果
http://google.com
test@example.com

記法

インラインリンク
[Google](http://google.com "Title(alt属性)")

結果

インラインリン
Google

画像

![Title(alt属性)](food.jpg)
![Title(alt属性)][1]
...
[1]: food.jpg
[![Title(alt属性)](food.jpg)](http://google.com)

エスケープ

\#
\+

テーブル

記法

|A|B|
|:-|:--|
|this|is|

結果

A B
this is

参考URL

[備忘録] 今さらSublime Text3でのMarkdown編集環境構築

Markdown記法一覧

Sublime Text 3 のダウンロードと基本的な設定